FC2ブログ

第4回宗次ホール弦楽四重奏コンクール

えぬ(別HN・京青)

今月は3連休が2回も!ありますが、完全に休みにはならず。。今回は、昨日と明日が仕事です。

20180926083701a65.jpeg

昨日の仕事中、音楽仲間の方々がTwitterで話題にされていた宗次ホール弦楽四重奏コンクール。
予選を通過した参加団体は、審査員のレッスンを2日間受講した後、日曜日が本選という他にはない企画。
しかもレッスンは、聴講無料!ということで、仕事帰りに聴きに行ってきました。

2018092819003948c.jpeg

1F席はほぼ満席に近い客入り、皆様熱心に聴いていました。私は、ドビュッシーの弦楽四重奏曲がお目当て。
プロのSaxカルテットで演奏されるようになりましたが、オリジナル編成でしかも生で聴けるチャンスは
そう無いかなと。フレージング・音の表現の仕方等、色々勉強になりました。

201809281911203b7.jpeg

今日は1日予定がない唯一の日でしたが、せっかくの機会なので、本選も聴くことに。

2018092819125659c.jpeg
20180928191456a57.jpeg

いつものように、2F席へ。

20180928191936c00.jpeg
20180928191959b54.jpeg

豪華な審査員の皆様は、2F席のセンターブロックにいらっしゃいました。

20180928192115b82.jpeg
20180928192115b82.jpeg
2018092819221321a.jpeg

最初のほのカルテットだけは間に合わず、聴けませんでしたが、他の6団体は全て聴きました。
NHK-FM出演・国際コンクール入賞・カルテットQプロジェクト参加・プロオケでご活躍中等の団体に混じり、
音大生の団体も堂々の本選の舞台に。
課題曲はハイドンの作品、自由曲は年代問わず自由選択とのこと。
ハイドンの表現方法で、差がついた部分はあったかと。
バラエティに富んだ演奏・解釈を、色々聴くことが出来ました。
この曲Saxカルテットで演奏したら、面白いかな?と思ってみたり。(但し、私は多分吹けません。。)

結果発表前に帰宅し、HPで確認。
1位は、カルテット・アマービレとタレイア・クヮルテットの2団体に!
昨年、ミュンヘン国際音楽コンクールで3位だったカルテット・アマービレと、昨年のこのコンクールで
2位だったタレイア・クヮルテットの一騎打ちと言われていましたが、やはり甲乙つけがたいということですね。(^^)
3位だったほのカルテットは、東京藝術大学 現役学部生と大学院生による団体。聴き逃して、しまったなぁと。(^_^;)

各団体へ、聴衆からの感想を書く紙を配布されたので、思い付くままに書いてみました。(^.^)

まとめて弦楽四重奏を聴く機会が無かったので、中々新鮮な体験でした。
関連記事
Posted byえぬ(別HN・京青)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply