平成30年7月豪雨

えぬ(別HN・京青)

201807122023547ee.jpeg

この度の災害で被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

先週半ばから続いた長雨、台風7号がもたらした大量の水蒸気と梅雨前線が一体化し、オホーツク海高気圧と
太平洋高気圧の間に挟まれて停滞、線状降水帯を作ってとてもない量の降雨となり、九州から関西にかけ、
広範囲の甚大な被害が発生しました。写真は、昨日の朝日新聞 朝刊一面。お亡くなりになった方々や、
行方が分からない方々は、日々増えている状況。雨雲レーダーを見ながら、毎日気を揉んでいましたが、
最悪の事態に。元々、降雨量が少ない瀬戸内エリア、とてつもない被害が明らかになりつつあります。
道路や鉄道が寸断され、完全復旧には一体どれだけの長い年月がかかるんでしょうか。
関連記事
Posted byえぬ(別HN・京青)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply