FC2ブログ

スポンサーサイト

えぬ(別HN・京青)

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byえぬ(別HN・京青)

英国のロイヤルウエディング 再び

えぬ(別HN・京青)

英国王室のヘンリー王子とアメリカの人気女優メーガン・マルクルの結婚式が、無事終了。
リアルタイムでTVは観なかったですが、SNSやニュースを見る限り、異例づくしの内容だったかと。
ある意味、次男坊ならではの雰囲気でした。(^^)

お祝いにモノのプレゼントではなく、寄付を呼びかけたこと。
ヘンリー王子が、本来なら規定違反となる髭を剃らないまま軍服を着用。
そして、式典ではゴスペルの合唱に始まり、黒人のマイケル・カリー首座主教による説法が。
愛という言葉を、70回も使ったらしいです。(^_^;)
メーガン・マルクルが、アフリカ系のルーツがあるということで、人種を超えた多様性を受け入れた英国王室を
象徴したエポックとなりました。式で飾られた花は、ブーケにしてホスピスへ配られたとか。
メーガン・マルクルのジバンシイのシンプルなウエディングドレス、ティアラと雰囲気がぴったり合って素敵でした。
そして、ルイ王子を出産したばかりのキャサリン妃が、早くも参列していたのには、驚きました。

新大陸と呼ばれたアメリカへ渡った多数のイギリス人がいましたが、その国から英国王室へ嫁入りというのは、
歴史的意義を感じました。亡くなったダイアナ妃は、息子に知的な王妃が来たことを、きっと喜んでいることでしょう。
関連記事
Posted byえぬ(別HN・京青)

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。