陸上 世界選手権 男子200m決勝 サニブラウン・ハキーム選手7位入賞

男子100mでは、残念ながら決勝進出ならなかった男子短距離陣。

しかし、男子200mでサニブラウン・ハキーム選手が、準決勝2組目で2位となり、決勝進出!\(^o^)/
最初の100mの伸びが素晴らしく、最後も加速しての結果。同組だった、ジャマイカの
ヨハン・ブレイク選手が敗退してしまうのにはビックリでした。

そして、決勝は残念ながら疲れが出たのか、ハムストリングの不調で伸び悩み、
7位に終わりましたが、この競技での史上最年少での決勝進出という結果を残しました。

高校卒業後、オランダに拠点を移し、秋からはアメリカの南フロリダ大学に進学予定とのこと。
身体が大人の体格になった時、どんな進化を見せるのか楽しみです!(^o^)
関連記事

0 Comments

Leave a comment