大相撲名古屋場所 波乱の序盤&藤井 聡太四段来場

日曜日から、大相撲名古屋場所が開幕しました。
毎年、私にとっては名古屋場所=夏が来たという感じです。蝉時雨も、激しくなってきました。

久々に4横綱体制となり、月初の熱田神宮への奉納には、8000人もの人が集まったとか。(・・;)


開幕直後、稀勢の里関が連敗したり、鶴竜関が休場を決めたりと、やはり荒れる名古屋場所に
相応しい状況に。今日4日目を終わって、全勝は4人のみ。。優勝争いの行方、一体どうなるのやら。

そんな中、夕方から将棋界を超えた時の人・藤井 聡太四段が師匠の杉本 昌隆七段と来場、
愛知県体育館内が騒然となったとか。藤井四段は、昨年亡くなった祖父の影響で相撲好きになり、
5歳にして番付表を暗記したとの逸話が。。(・・;)

取り組み後、相撲協会の幹部や支度部屋を訪れ、親方衆や力士達が色めき立ったとのこと。
横綱・白鵬関には、揮毫した扇子をプレゼントした写真が、ネットのニュースに上がっていましたが、
14歳にして、プレゼントされる方ではなくプレゼントする方に回るなんて驚き。(・・;)
いやはや、恐れ入りました。。
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
TVで観たスポーツ・ニュース等や、趣味の音楽・美術に関するコトを書いてます。
About me
小2の頃から母の影響で
プロ野球(巨人戦しか放映
されない田舎育ち)や高校
野球を見始め、相撲好きの
祖父の影響で大相撲を
見たのがそもそもの始まり。

オリンピック・世界選手権
等、メジャーな大会は
外せません!
ほぼ全ての競技をTVや
生で観戦しちゃいます。