ライブ6題・その1ー名フィル 6月定期@愛知県芸術劇場 コンサートホール

先月は名フィルの定期が無く、6月初め&末と、変則スケジュールです。
今週末は、しらかわホール定期もあります。


先週金曜日、何とか開演前には会場へ滑り込み。



冒頭の吉松氏、Sax吹きには余りにお馴染みの作曲家。(^^)
鳥は静かに...は初めて聴きましたが、サイバーバード協奏曲を思い起こす部分が。

チャイコのVn協奏曲は、まるで指揮者が2人いるんじゃないかと思うほど。(^_^;)
流石はベルリン・フィルのコンマス、ソロは冒頭から圧倒的だったけど、アンサンブルも抜群!
アンコールは、更に素敵でした!!(^o^)

ショスタコ12は、全交響曲の中で一番洗練されてる気がしますが、作曲された時代背景を
知ってれば ゾッとする話。。がしかし、私の小学校時代はブレジネフ政権、今に繋がる
国際問題が勃発した時期でしたが。管楽器ソロは、皆様抜群の演奏でした♪(^.^)
指揮は川瀬 賢太郎氏、相変わらずパワーのある指揮ぶりでした!

次回は、音楽監督・小泉 和裕氏が再びご登場です!
関連記事

0 Comments

Leave a comment