プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ライブ7題・その7ー名フィル ウインドオーケストラ2017@センチュリーホール

今月はそんなに演奏会に行かないかなと思っていましたが、気が付けば7つ目になりました。


先週末は、運良く仕事が入らなかったので、土曜日は10時間以上も爆睡しました。。(・・;)
お陰で、イマイチだった体調も、やっと回復!

日曜日は朝ランした後、午前中に美容院行ってから、名古屋国際会議場へ。
今や、センチュリーホールで吹奏楽コンクール 全国大会が開催されるようになり、
新たな聖地となっています。


それを意識したのか?、名フィルの吹奏楽の演奏会がこのホールで開催されました。
去年はバンドの演奏会前の練習と重なり、聴けませんでしたが、今年は練習が中旬にあり、
仕事も入らなかったので、何とか聴きに行けました。
そんな訳で、席は2F後方に確保。


私が高3だった1987年の吹奏楽コンクール 課題曲でもあった保科 洋氏の風紋から始まり、
アンコールは1977年の課題曲だった東海林 修氏のディスコ・キッドで締めるという、
何ともオツなオープニング&エンディングでした。(^.^)
私の席の周りには、同世代前後が多かったので、皆真剣に聴いてたかも。
風紋を聴きながら、初めてこの曲のデモ演奏テープを聴いたことのことを思い出したり。

今年の課題曲、1の江原 大介氏作品が意外に解りやすく感じたのは、やはり色々意識された
ところはあったのでしょうか。3の保科氏の作品は、風紋と違う風景が。
2と4のマーチは、オーソドックスな作り。
5の川合 清裕氏の作品だけは、完全な現代曲。私は、嫌いじゃないです。

首席Tb奏者の香川 慎二さんの伸びやかな演奏で、前半を終了。

後半は、個人的にも演奏経験があるアレンジでのJazzスタンダード作品。
名フィルWOの演奏会で、このジャンルは意外にも初めてとか。
ソロも含めてバチバチにカッコいい演奏、流石と言うしかないです。
岩井 直薄・真島 俊夫・宮川 彬良 各氏による吹奏楽アレンジの個性の違いが見えて、
中々楽しかったですね♪(^.^)

吹奏楽に始まり、吹奏楽で終わった5月でした。いよいよ来月は自分達の本番、頑張らなくてはー!
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

<< 大相撲 大関・高安関誕生! | ホーム | 女子プロゴルフ 宮里 藍選手 今季限りでの引退発表 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP