avatar image

第21回アルフレッド・リード音の輪コンサート 終了!・その4

いよいよ、演奏会当日編♪(^^)


合奏前に、カウントダウンが当日に!(^o^)
コバケイ先生&ソリストマリンバ奏者・高田 亮さんとのご披露?!でした。


4/30(日)の合奏以来のソリストとの合わせ、やはりマイマリンバの音は全く違いました!(^o^)
お弟子さん達に客席でチェックしてもらいながら、マレットを選んだりする場面も。
今回、残念ながら時間の関係で本プロではソリストアンコールが無いとのこと、
ゲネプロで出演者向けにアルハンブラの想い出を演奏して下さり、素敵過ぎて涙が
出そうでした。せっかくなので、客席から聴きましたー♪(^^)

そして、ジェイムズ・バーンズ氏とのゲネプロ、はありませんでした。。(・・;)
ナント、前日が最終合わせに。しかし、前日&当日のみのメモリアルバンドのゲネプロが
あるだけに、やむを得ないところではありますが、本番が心配なまま終了。。(・・;)


メモリアルバンドのメンバー他が撮って下さった、Saxパートのゲネプロの様子♪(^^)


ゲネプロ終了後のコバケイ先生、Tシャツはナント!島根県民会館の真向かいにある
島根県物産観光館でお買い上げだったとか。(^.^)


メモリアルバンドとの掛け持ちメンバーがいる為、開場前にパート写真撮影!(^o^)


予定より15分早く12:45に開場、13:30にメモリアルバンドから開演♪


待ち時間の間に、記念撮影タイム♪
新日本フィルハーモニー交響楽団のFl&Picc奏者・渡辺 泰先生には、毎回的確な
アドバイスをいただき、感謝しきりです。


いよいよ出番を前に、皆様必死に練習の図。

そして、14:15頃からスタートした本番は、休憩を挟んでアッという間に終演。
練習ではあれだけ苦労したのに、本番は本当に一瞬です。
エル・カミーノ・レアルは、伊藤 透先生の指揮が、予想より淡々とされていたような。
A・リード博士のマリンバコンチェルトは、演奏はもちろん、ソリストの楽章毎の
早着替えにワクワク?!(^.^)
バーンズ氏は、本番も練習と変わらない様子の指揮ぶりでした。
交響曲第3番は所々でヒヤッとしましたが、課題だった長いソロパートは概ねクリア
だったのでは?私個人は、4楽章の中で繋ぎのソロが2小節 2ヶ所ありましたが、1ヶ所が
運指の繋がりが厄介で、ギリギリまで苦労しましたが、何とかクリア。
他、必死に練習した部分も問題無く吹けたのは収穫。
アンコールのアルヴァマー序曲は、中学時代から吹いていただけに感無量。
約1500人のお客様の前で演奏を無事終了し、ホッとしましたー。(^o^)

バタバタと撤収し、ホテルに楽器と荷物を置いて打ち上げへ。

つづく。
関連記事
Theme: 吹奏楽 | Genre: 音楽

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback