体操 全日本選手権 内村 航平選手 個人総合10連覇達成!

それは、まさか?!の事態でした。

体操 世界選手権代表2次選考を兼ねた全日本選手権で、体操選手初のプロ宣言をしたばかりの
内村 航平選手でしたが、リオ五輪後の復調が思わしくなく、試合勘の鈍りからくる不調?てま、
個人総合予選ではまさかの4位。代わりに台頭しつつある白井 健三選手ら大学生メンバーが
上位を独占、若手世代との新旧交代か?!と思いました。

しかし、蓋を開けてみれば、決勝では悪いなりにしっかり決めてくるところは流石!(^.^)
僅差ではありましたが、内村 航平選手が10連覇を達成!!\(^o^)/
2位には予選6位の田中 佑典選手、3位は予選トップの白井選手という、結局はリオ五輪
代表メンバーが表彰台を独占でした。

しかし、新世代の演技も観てみたいものですが。(^.^)来月のNHK杯が楽しみです!
関連記事

0 Comments

Leave a comment