春のセンバツ 大阪桐蔭高校優勝&プロ野球開幕

春のセンバツについて、タイミング悪く書きそびれていました。。
今年、東海地区からは愛知県名古屋市の至学館高と静岡県から静岡、21世紀枠で
岐阜県の多治見高が出場。
しかし、至学館は初戦敗退、多治見は大敗したのが原因で、21世紀枠の意義を問う声が。。
他の21世紀枠 2校も大敗し、今後は枠の存続に向けて様々な意見が出るでしょうか。

東京の早稲田実業の清宮 幸太郎選手には大きな注目が集まりましたが、残念ながら不発だった様子。
兵庫の報徳学園は、負けたら監督が引退すると宣言した中、ベスト4まで進出。
残念ながら、優勝での花道は飾れませんでしたが。

決勝は大阪桐蔭vs履正社という、初の大阪府内の学校の対決に。雨で順延し、土曜日開催になったお陰で、満員の中、
個人的には監督の経験値から、大阪桐蔭の優勝を予想しましたが、やはりというところ。
しかし、秋季大会の大阪大会優勝・近畿大会 2回戦敗退の上宮太子のような学校もあり、
神奈川県同様、夏の甲子園は1校しか出られないなんて厳し過ぎます。。(・・;)

そして、プロ野球も先週末に開幕!WBCの盛り上がりそのまま、シーズン突入です。(^^)
開幕直前に、アメリカから川崎 宗則選手が電撃帰国&ソフトバンクに電撃移籍。(・・;)
年々、契約条件が悪くなる一方、チームメイトにもファンにも愛されてたのに。
年齢的な問題、家族を帰国させていた上に、2人目のお子さんが生まれたなら、
当然の選択なのかもと思わなくはないかなと。
FAでベテラン勢も動きがありましたが、さてペナントレースはどうなるでしょうか?
関連記事

0 Comments

Leave a comment