ワールドベースボールクラシック2017 アメリカ代表初優勝

前日の準決勝から一夜明け、昨日の決勝戦は地元・アメリカvsプルエルトリコの対戦。
仕事の為、休憩の合間にスマホをチラチラと見ることに。(^_^;)

試合は、壮絶な打ち合いになるのでは?と思いきや、8-0と余りに一方的な試合だった様子。
一昨日の、あの苛烈な投手戦は何だったのでしょう。。
まぁ、アメリカがようやく?本気を出してMLBの超一流選手を出場させれば、実力的には
こんなものということでしょう。

初の第1回開催から11年、当時に比べ、各国の野球が日本のスタイルを真似てる部分も
出てきてるような。この大会をキッカケに、MLBで活躍するようになった選手も、
更に増えました。今や、子供達は日本のプロチーム
ではなく、MLBのチームのキャップを被ってたりする時代です。


写真は、昨日のニッカンスポーツ 一〜三面から。負ければ、このようにしか書かれない訳で。

振り返れば、小久保 直紀監督就任から紆余曲折あった今回の侍JAPAN。
一昨年秋、初開催のプレミア12では3位。
強化試合等で世間をアッと言わせるニュースも少なく、直前には大谷 翔平選手参加辞退が
大きな話題になった程。しかし、そんなネガテイブな空気を一掃した、痛快な快進撃。
新たなスター誕生を予感させる活躍も多数、ベストナインに入った千賀 滉大投手は
その筆頭でしょう。

夢の続きは、また4年後。その前に第2回プレミア12、そして東京五輪が待っています!(^o^)
関連記事

0 Comments

Leave a comment