ライブ7題・その6ー愛知県立芸術大学 第48回卒業演奏会@愛知県芸術劇場 コンサートホール

休み明け、朝ランしようと早起きしましたが、やはり腸の辺りが重く、断念しました。。
中々、本調子には程遠いです。(>_<)


仕事を定時で終えた後、愛知県立芸術大学 音楽学部の卒業演奏会を、桑原賞を受賞された、
作曲専攻・小前 奏人さん作品だけを聴いてきました。
吉岡 実氏の詩をソプラノ3人による合唱+S・Sax坂井 利絵さんで演奏、伴奏は室内楽という編成。
シリアスな世界観ながら、美しいメロディやハーモニーが印象的でした。
今まで、Sax専攻の皆様へのオリジナル&編曲作品を聴く機会が多かったのですが、今後は是非
合唱作品なども聴かせていただきたいです♪(^^)
その後はバンドの練習の為、残念ながら帰宅。プログラムのみ、掲載します。


こちらは、昼の部のプログラム。


音楽学専攻の方の、論文に関するパネルも鑑賞。


プログラムには、県芸卒業生関係者のチラシが多数挟み込まれていました。
ブラームス室内楽全曲演奏プロジェクトの演奏会、大学の大先輩・福本 泰之さんの
ソロがあるようなので、そろそろ行かなくちゃと。(^_^;)
そして、Sax奏者・堀江 裕介さんご夫婦の演奏会も。(^.^) メインは、ピアニストの奥様ですが。

ご卒業される学生さんの、今後のご活躍を心よりお祈りしたいと思います。
関連記事

0 Comments

Leave a comment