フィギュアスケート 世界ジュニア選手権 女子シングル 本田 真凛選手ジュニア日本最高得点も2位

ジュニアの大会にも関わらず、女子シングルだけTVOAがあると知ってビックリの今大会。(^_^;)

お目当ては、大会連覇が掛かった本田 真凛選手。
ショートプログラム2位に付け、フリーはどのような演技を?と、楽しみに視聴しました。
大きなプレッシャーを感じていたと思いますが、ジャンプも完璧に全てこなし、
ガッツポーズのフィニッシュ!そして、日本のジュニア選手初の200点越え達成!!(^o^)

しかし、ロシアのアリーナ・ザキトワ選手が、ロシアバレエの王道「ドン・キホーテ」の
音楽に乗って、14歳とは思えない迫力ボディを生かした力強いステップやスピンを披露。
ジャンプは本田選手より難易度を上げたものを含め、全て後半に完璧に飛び、ジュニア
世界最高得点の208点台で優勝!もう、圧巻でした。。Σ(゚д゚lll)

終了後のインタビューで、力負けを実感したのか本田選手は涙・涙。
3位には、坂本 花織選手が見事入り、日本勢が表彰台に2人立ちましたー。(^.^)

うーん、ロシア勢は次から次へと凄い選手が出てきます。
さて、平昌五輪は一体誰がメダリストになるのやら。

関連記事

0 Comments

Leave a comment