ライブ7題・その5ー名フィル 3月定期@愛知県芸術劇場 コンサートホール

年度末を迎え、帰宅時には花束を抱えて帰る方々を多数見掛ける時期になりました。
人事異動や定年退職等など、送別会の関係でしょうか。
私の勤務先、営業関係はいつもながら異動の発表自体、年度末直前までありませんが。。(・・;)


昨夜は、今シーズン最後の名フィル定期へ。ブルックナーの交響曲第8番のみ
ということで、18時定時に仕事を終え、何とか18時半過ぎには会場入りしました。


9番が未完の為、ブルックナーの実質最後の交響曲となった8番。
音楽監督・小泉 和裕氏の就任今シーズン最後の指揮による、圧倒的な演奏を堪能しました。
ブルックナーらしい形式美を感じさせながら、叙情的かつ詩的な美しさが。
名フィルとしては21年ぶりの演奏と、Twitterで事務局の方から紹介がありましたが、
編成も大きく、指揮をするのも大変な作品だからでしょうか。
3/20(月・祝)の創立50周年記念の東京公演は完売とのこと、是非楽しみに聴いて
いただきたいです。(^.^)

改めて自分のブログを見返したら、名フィルで初めてブルックナーを聴いたのが、
東日本大震災 翌日の2011/3/12に、偶然にも今日と同じく指揮・小泉氏&コンマス・
後藤 龍伸氏で、3番を聴いたのでした。


4月からの来シーズンで、定期会員も9シーズン目に突入です♪(^.^)
関連記事

0 Comments

Leave a comment