Article

        

名古屋ウィメンズマラソン2017 キルワ選手3連覇達成&安藤 友香選手 初マラソン日本新記録で世界陸上代表内定!

2017/ 03/ 13
                 

今年も快晴に恵まれた、名古屋ウィメンズマラソン&名古屋シティマラソン。

沿道応援には行けませんでしたが、レースの様子だけは、ネットのテキスト速報で
追っ掛けました。30km過ぎて、トップのキルワ選手と争う選手がいる!と驚きましたが、
それが安藤 友香選手でした。岐阜県出身で、高校駅伝の名門・豊川高校出身。
高校駅伝は、3年生時に優勝メンバーだったとのこと。
高校卒業後、スズキ浜松ACが3つ目の所属先。山梨学院大学出身の里内 正幸監督に
出会ってからフォームを改善し、素質が開花。
2016年世界ハーフマラソン選手権10位、リオ五輪は5000m・10000mで代表入りを狙うも、
名古屋での日本選手権が振るわず落選。

世界陸上代表が掛かったこの大会が初マラソンとのことでしたが、人生を賭けた走り、
感動的でした。しかも、いきなりの派遣標準記録突破という2時間21分台!Σ(゚д゚lll)
高橋 尚子氏に、末恐ろしいとまで言わせるとは。(^.^)
3位の清田 真央選手も同じチームに所属し、2時間23分台と好タイム。
安藤選手と共に代表入りは有力とも言われ、同じチームから2選手輩出は初めてでは?
写真は、今朝の中日スポーツ 一面より。

優勝したキルワ選手、やはり強かった!
今回、息子さんを連れて来日と報じられていましたが、自分の勇姿を目に焼き付けて
欲しいとのこと。息子さんは、ランナーになるのか?気になります。(^.^)

今大会、約19800人もの美ジョガーが出走、ギネス記録を更新したとのこと。
多数のラン仲間が、名古屋ウィメンズ&名古屋シティマラソンに出走しました。
お祭りに参加出来ず何だか残念でしたが、本当にお疲れ様でしたー。(^o^)
関連記事
                         
                                  

コメント