Article

        

ライブ8題・その5ー名フィル 2月定期@愛知県芸術劇場 コンサートホール

2017/ 02/ 25
                 
今日は休み、明日は仕事の今週末。
本来なら、音の輪コンサートの練習に出掛けたかったのですが、日曜日のマラソン大会の
身体の疲労に加え、左膝周りの筋肉を痛めて、階段がまともに降りれない状況。
T・Saxのような楽器持って出歩いたら、負担が掛かって更なる悪化は必須です。。(T_T)
止む無く、欠席しました。

午前中はゆっくりし、昼前から整形外科→治療院で左膝のチェックを受けました。
状態的に、しばらく走れないかなと覚悟した次第。
今年に限って、ぎふ清流ハーフマラソンが
4月に繰り上がったので、間に合えば良いですが。


夕方から、名フィル 土曜定期 マチネ公演へ。Twitterで評判は見ていたので、楽しみに来ました。

今年はロシア革命100年ということから、今回はロシアの作曲家作品ばかり。
出色だったのは、やはりソリストのFl奏者・上野 星矢氏が演奏したハチャトゥリアンの
フルート協奏曲でしょう!過去、ココリアーノのブレーメンの笛吹きが強烈な印象でしたが、
満を持しての客演ソリスト。演奏したのは、ハチャトゥリアンのフルート協奏曲。
元はヴァイオリン協奏曲からの編曲ですが、まるで管楽器というハンデを全く感じ させない
超高速パッセージだけでなく、2楽章のよいうな叙情的なフレーズを美しく聴かせるソノリテも。
ハイパーな演奏に、昔からの定期会員の皆様も納得では?(^.^)


アンコールは無伴奏で、更に素敵でした♪(^o^)
指揮が、川瀬 賢太郎氏ということもあってか、前売は完売だったとのこと。
終演後は、お2人方の大撮影大会に。(^.^)


今日のプログラム&セッティング表。
ショスタコは、時折あの作品?と思わせるところが随所に。
プロコの映画音楽は、オペラも指揮出来る川瀬氏ならではのドラマチックな指揮ぶりでした。
T・Saxが入るとは知らなかったですが、金管セクションの補完という感じ?
ちなみに、エキストラ奏者は河合 佑里奈さんでした。

いよいよ、来月で今シーズンの定期も締めくくり。
関連記事
                         
                                  

コメント