Article

        

第35回全国都道府県対抗女子駅伝 開催地・京都が3年ぶり16回目の優勝

2017/ 01/ 16
                 
週末、大学センター入試試験が行われ、名古屋市内も朝早くから地下鉄車内等で受験生を
沢山見かけました。大雪の影響で、各地で移動が大変だったというニュースを多数観ました。

昨日の京都市内は、都道府県対抗の女子駅伝が開催されましたが、10cmぐらいの積雪で、
早朝から大会スタッフだけでなく、地元住民を巻き込んで、雪かきをしての大会決行となったとか。

しかし、雪が止まない中、特に京都市北区辺りは京都駅周辺とは違い、変わりやすい
日本海側に近い気候、吹雪の中の走行となり、先導する白バイも選手も、TVで認識出来ない程に。
代替開催が難しいのと、天気の予想が付かないのは、どうしようもないでしょうね。
市民ランナーのようにパーカーやレインコートを着て走る訳でもないし、冷えた身体のまま
走り続けるのは苦痛でしかない訳で、タイムを落とした選手もいたでしょう。

優勝は、開催地の地元・京都に。
高校は立命館宇治、大学は立命館、実業団はワコールと、各世代で強豪が揃ってるだけあります。
入賞したのは、いずれも駅伝強豪エリアばかり。愛知は、5位でした。
残念ながら、私の地元・島根は40位と振るわず。男子には、期待したいと思います!
関連記事
                         
                                  

コメント