Article

        

ライブ8題・その1-Meiwa WIND Group Concert Vol.6〜Dear Jimmy@名古屋市青少年文化センター アートピアホール

2017/ 01/ 05
                 
今日から仕事初め、年末年始にやり残したアレコレを、平日2日間で片付けるのは、
中々大変です。。(>_<)


昨日は有休を取って、朝は帰省の疲れを癒してゆっくり始動。
夕方から、演奏会を聴く為に出掛けてきました。まだまだ、街の雰囲気はお正月。


昨年に続いて、明和高校 音楽科OBOGの演奏会へ。


メンバーは、既にプロとして活躍している若手奏者や現役音大生で構成される為、
全員が確実に集合出来る年末年始数日に練習→
即本番という強行スケジュールながら、毎年完成度の高い演奏会になるのは、流石としか
言いようがないです。Saxアンサンブルも、今年は10重奏になったり。


メインは、ジェームズ・バーンズの交響曲第3番。
バーンズ氏の娘さんが誕生直後に亡くなり、作品完成後には息子さんが誕生という

バーンズ氏自身の身に起こった出来事がそのまま作品に反映されており、見事なまでに
その内面に踏み込んだ世界観が表現されていた、素晴らしい演奏でした!(^.^)

実は、GWの音の輪コンサートでこの曲を演奏する予定があり、真っさらな状態で
初めて聴きました。数回の練習で、本当に自分らが吹くのか?、いや吹けるのか?!
と思わずにいられず。。(・・;)
アルヴァマー序曲も、こんな風に演奏出来たら素敵だなーと。(^^)

さて、いよいよ4日後には音の輪コンサートの結成式に参加、バーンズの3番の楽譜を、
ドキドキしながら、手にすることになりそうです。
関連記事
                         
                                  

コメント