2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.12.23 (Fri)

ライブ5題・その4-クリスマスはオルガンだ!2016@愛知県芸術劇場 コンサートホール

今日から3連休、ナント奇跡的に仕事が入らないクリスマスの時期は久しぶり!?(^^)
明日は予定の無いクリスマス・イブ、明後日クリスマスはバンドの本番ですが、
今日は午前中ゆっくりした後に今年最後の演奏会へ。


その前に、ドルチェ楽器 名古屋店で来月に迫った門下発表会の練習に行って
きましたが、ちょうど名古屋サンタランに参加している皆さんが目の前を通過
していきました。かなりの強風、さぞ大変だったのでは?!


そして、愛知県芸術劇場 コンサートホールへ移動。
ホールの毎年恒例の企画演奏会・クリスマスはオルガンだ!を初めて聴きに来ました。
この演奏会は、オルガニストと他の演奏家の方々とのジョイントという内容ですが、
今年はSax奏者の有村 純親さん&山浦 雅也さんがご出演と知り、仕事にならないよう
祈りながらチケットを買いました。(^_^;)何とか行けて、本当に良かった。


前半は、オルガンがメインに。


後半は、Saxがメインのプログラムでした。


終演後は、CDへのサイン会も。(^^)
山浦さんのみのご参加で、有村さんは都合で早々に撤収されており、お会い出来ず残念。
しかし、沢山の方々が並んでました。


プログラムは、今年の愛知県芸術劇場がJ.S.バッハをメインに取り上げている
流れでバッハを軸にした内容に。古い賛美歌のコラールを、バッハと他の作曲家の編曲で
聴かせるコーナーは、中々興味深く聴きました。
オルガニストの石丸 由佳さんは多彩な音色をチョイスされており、素晴らしい
演奏を聴かせて下さいました!しかし、世界でも稀に無い五段の鍵盤&約6900本もの
パイプを使うオルガンだとは、知らなかった。。(・・;)

後半は、S・Sax2本+オルガンでのバッハの2本のバイオリンのための協奏曲からスタート。
この編成で聴けるなんて、恐らく2度と無いよなぁと。素晴らしい演奏に、浸りました。
やはり、バルコニー席にして正解。(^^)v


アンコールは、鉄板とも言えるこの曲で。


帰りには、三越で年末年始のお土産を買ったり、ケーキを買ったりして帰宅しました。
クリスマスのイルミネーションも、ぼちぼち見納めですねー。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

23:45  |  MUSIC  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://souplesse.blog17.fc2.com/tb.php/5904-fcedd496

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |