Article

        

ライブ5題・その3-地元アーティストによるコンサート・ア・ラ・カルト vol.22 トライアル編@電気文化会館 ザ・コンサートホール

2016/ 12/ 14
                 
今日は、年に一度の人間ドックの日でした。
お陰で、昨日はお蕎麦&日本酒のみという、久々にあっさりした夕食に。


昨夜は、こちらの演奏会に行ってきました。合間に、夕食に出掛けたという次第。
21時までに食事を取らねばならず、前半の2団体は残念ながら聴けずじまいに。


今回は、Sax奏者・小森 伸二さん門下生の名古屋音楽大学&金城学院大学
混成メンバーによるSaxカルテットと、Sax奏者・宮﨑 愛理さんらのトリオの
演奏を聴くのがメイン。
カルテットは、オリジナルのこてんさくひでもあるリュエフのコンセールを抜粋で。
やや緊張気味なところが見受けられましたが、これも経験でしょうか?(^^)
宮﨑さんは、Cl奏者の方との二重奏でテレマンのカノンや、ピアノトリオでの
シューマン作品を。知らない作品だったので、興味深々でした。(^.^)


このシリーズも早や20回を超え、以前に比べてお客様も増えてきましたが、
知った奏者の方のみしか聴かないという方々が多いかなと思います。
管楽器奏者が多いという特色は、このまま続けられるのかなと。
来年は、新たな一手を打った企画を期待したいです!
関連記事
                         
                                  

コメント