男子マラソン 第70回福岡国際マラソン 川内 優輝選手日本選手トップの3位

日曜日の九州地方は、雨模様。
条件は余り良く無い中、正午にスタートした福岡国際マラソン。

招待選手の川内 優輝選手は右ふくらはぎを痛め、大事を取って欠場も噂されましたが、
招待されたからにはと強行出場。しかし、もの凄く良いレースを展開し、 結果的には
トップから約20秒遅れの2時間9分11秒で、日本選手トップで3位に!(^.^)
優勝はエチオピアのツェガエ選手、3連覇が掛かっていたケニアのマカウ選手は2位に。

他の日本選手は、一線級のメンバーはいなかったものの2時間10分を切る選手は
現れず。。
川内選手の根性と覚悟を、改めて見直しました。
マラソン目指すなら、これぐらい頑張らないと!
下手すると、実業団選手より、エリート市民ランナーの方が、遥かにマラソンの
練習をしてるのでは?!と思う今日この頃です。

関連記事

0 Comments

Leave a comment