大相撲九州場所 横綱・鶴竜関 3度目の優勝

今年、最後の本場所となった九州場所。
優勝争いが二転三転しましたが、最後は横綱・鶴竜関が優勝という結末に。

大関勢は、唯一稀勢の里関が優勝争いに加わりましたが、最後の最後が。(・・;)
年間最多勝は確保したみたいですが、何とも残念です。
先場所初優勝し、綱取りが掛かった豪栄道関も、残念ながら負けが込んで失敗に。
照ノ富士は、辛うじて勝ち越し。
初場所優勝の琴奨菊関に至っては、地元場所にも関わらず5勝10敗に終わり、心配なところ。

今場所新入幕だった石浦関&今年初場所新入幕の正代関が優勝争いにまで加わり、
揃って敢闘賞を受賞。場所を盛り上げてくれたのは、今後が楽しみ。(^.^)

来年は、若手力士のさらなる台頭や、新横綱&大関の誕生を、是非みたいです!(^o^)
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
TVで観たスポーツ・ニュース等や、趣味の音楽・美術に関するコトを書いてます。
About me
小2の頃から母の影響で
プロ野球(巨人戦しか放映
されない田舎育ち)や高校
野球を見始め、相撲好きの
祖父の影響で大相撲を
見たのがそもそもの始まり。

オリンピック・世界選手権
等、メジャーな大会は
外せません!
ほぼ全ての競技をTVや
生で観戦しちゃいます。