フィギュアスケート GPシリーズ 浅田 真央選手ファイナル進出絶たれる

フィギュアスケートシーズンが本格化し、グランプリシリーズもアメリカ・カナダ・ロシア、
そして昨日はフランスでの4戦目が終了。

男子シングルでは、2連勝のスペインのフェルナンデス選手と宇野 昌磨選手がファイナル進出決定。
羽生 結弦選手はカナダで2位、NHK杯でどうなるか?無良 崇人選手は、残念ながら。。
日本人第3の選手は、今年は現れないのか?

女子シングルでは、ロシアのメドベデワ選手のみがカナダ&フランスで2連勝し、
唯一ファイナル進出決定済。女子は、日本選手を始めとした若手の台頭で、混戦模様に
なりそうです!(^.^)カナダで3位に入った宮原 知子選手はもちろん、アメリカでは三原 舞依選手&
フランスでは樋口 若葉選手と、シニアデビューを飾ったばかりの2選手がそれぞれ3位と大健闘!

一方、アメリカ&ロシアに出場した浅田 真央選手は表彰台はおろか、5ポイントしか獲得出来ず、
ファイナル進出が絶たれることに。膝の不調でジャンプが跳べず、年末の全日本選手権さえ
危ういのでは?若手の台頭が著しいだけに、早くも瀬戸際という感じになってきました。

しかし、来年の世界選手権は平昌五輪の出場枠が掛かるだけに、絶対的エースが宮原 選手と
なるのかどうか、未だ心配。。(・・;)万が一があると、女子の枠が減ってしまわないと良いですが。
関連記事

0 Comments

Leave a comment