avatar image

第48回全日本大学駅伝対校選手権 青山学院大学 逆転初優勝!

今日は、朝からバンドの練習でした。なので、今年も全日本駅伝を観戦に行けず。。

途中、ネットで速報を観るぐらいでしたが、まさかの展開が!(・・;)
優勝候補筆頭の青山学院が1区で出遅れ8位、しかし2・5・6区で区間賞を取り、首位の早稲田に
ジリジリと迫り、アンカーの8区では一色 恭志選手の猛追で、約50秒差を6kmで逆転、
最後は約1分差を付けて逆転初優勝となりました!(^o^)

青山学院 原 晋監督は、大会前の記者会見で「エビフライ大作戦」とスタート地の
名古屋に引っかかけて今大会を命名。
どこを切っても美味しいという意味で、どの区間も万全とのことでしたが、大会後は
2区間が生だったと表現。まぁ、何が起こるか判らないのが勝負の世界の面白さ。

3位以下は山梨学院・駒澤・中央学院・東洋の順で、シード権を獲得。
今年シードだった東海・明治は、残念ながらシード落ちに。

いよいよ正月の箱根駅伝が迫ってきましたが、あと2ヶ月で青山学院が3冠達成となるか?、
他大学が阻止するか?!これは見ものです。(^.^)
関連記事
Theme: 陸上競技 | Genre: スポーツ

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback