プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ライブ6題・その5ースイーツタイムコンサート Sax住谷 美帆&Pfイリヤ・ラシュコフスキー@宗次ホール

演奏会記事、まだまだ続きます。


先週土曜日に出勤していたこともあって、水曜日は有休を取って宗次ホールのスイーツタイム
コンサートに行って来ました。
以前から、須川 展也先生から一押しと伺っていた東京芸術大学 Sax科3年生の住谷 美帆さん&
ピアニストがロシアのイリヤ・ラシュコフスキー氏という、コンサートイマジン所属の
組み合わせ。須川先生からあれだけのお推すめがあるなら、一度は住谷さんの演奏を
聴いてみたいと思っていました。


須川先生の演奏を彷彿とさせる、カッチーニのアベ・マリアから始まり、Sax4本を駆使した
長生 淳氏編曲によるムソルグスキーの展覧会の絵まで、確かなテクニックに加え、
20代そこそことは思えない圧倒的な音楽がそこにはありました。(・・;)
ラシュコフスキー氏の、ロシアのピアニズムを継承者としての醍醐味を感じたグラズノフと
ムソルグスキーでした。ソロでも、1曲ぐらい聴きたかった。。

アンコールは、フランスSax界のレジェンドでもあるジャン=マリー・ロンデックス氏
作曲の小品と、G線上のアリア。


ラシュコフスキー氏のCDを購入し、サイン会へ。スクリャービン、大好きなので聴くのが楽しみ♪(^.^)
住谷さん、近くでお見かけすると、エキゾチックな美人!という雰囲気ですね。(^.^)

会場内は、ホール常連なご年輩の方々が殆どでしたが、プロ&アマ吹きなSax関係者もチラホラと。
しかし、同世代の音大生の皆様こそ聴くべき演奏会でしたが、平日昼間開催だけに残念。

いやはや、住谷さんには驚きしかなかったひと時、また別な作品を是非聴いてみたいです!(^.^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

<< プロ野球 日本シリーズ 北海道日本ハムファイターズ 10年ぶりの日本一 | ホーム | ライブ6題・その4ー名フィル10月定期@愛知県芸術劇場 コンサートホール >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>えぬさま

お返事が遅くなって申し訳ありません💦
snsといえば、僕はフェイスブックをやっております〜。
そういえば、先日の須川先生の記事では写真を載せていただいて、ありがとうございます!
家宝にします!
また、どこかでお会いした時は、よろしくお願い致します。
次はサックスフェスタですかね…、テナーで出場予定なので、ご一緒できるのを楽しみにしてます!

>梅澤さま

コメントいただき、ありがとうございます。m(__)m
てっきり、SNS関係だとばかり思ってまして。。(>人<;)

また、何処かのホールでお会いしましょう。(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

先日は、ありがとうございました。

この演奏会直後に、一階ロビーでお声をかけさせていただいた、梅澤と申します。
突然にもかかわらず、気さくにお話していただき、楽しかったです!
ありがとうございました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP