avatar image

ライブ6題・その1-アリオン・サクソフォン・カルテット デビュー10周年記念コンサートツアー 四日市公演@コンサートホール ムシーケ

気が付けば、10月もあっという間に折り返し。
今月は、毎週土曜日に仕事が入る生活をしています。

昨日は、午後から三重県四日市市へ。
これから数年間、近鉄四日市駅より南へ数kmの現場での仕事が続きますが、いよいよ本格的に
先月からスタートしています。昨日は、夕方からだった為、昼過ぎに会社を出発。

その途中、近鉄四日市駅から徒歩15分のところにある第一楽器 四日市店内にある
コンサートホール ムシーケで、アリオンSQの10周年記念リサイタルが18時から
開演予定と知りました。以前も書きましたが、アリオンSQを初めて聴いたのがこのホール。
たまたま節目のリサイタルに、四日市市内にいたのも、何かの巡り合わせでしょうか。
仕事後に、急遽聴きに行くことにしました。


ホールへ上がる、エレベーターホールにて。


開演10分後からホール内に入り、途中から聴かせていただきました。
先月の電気文化会館では、思い切り前から数列目でしたが、今回は最後列上手席。
お陰で、先月は解らなかった演奏の全体像が見えてきました。

プログラムには記載がなかったバッハのシャコンヌが前半のラスト、後半はマスランカのマウンテン・ロードのみ。アンコールは、やはり彼方の光。


終演後は、メンバー揃ってのサイン会に。地元の学生さんらが、多数来場していました。


この日は満月、神々しい月明かりの中で駅に向かいました。
時間的に遅くなったので、近鉄特急に乗車。


この日のプログラム。
初めて聴いた時が未だ結成3年目の時、それから早や約9年半が経ち、カルテットとして
大きな成熟期を迎えつつあることを改めて実感しました。
特に、バッハとマスランカは音楽的密度・緻密さ・構成力が共に素晴らしく、ハッと
させられる場面が何度もあったり。

いよいよ来月後半は、広島&大阪公演開催とのこと。特に、広島初登場となるだけに、
広島方面の皆様には是非に!とお勧めしたいです。(^^)
関連記事
Theme: ライヴレポ・感想 | Genre: 音楽

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback