リオパラリンピック閉幕、そして、東京パラリンピックへ!


リオパラリンピック、日本時間の月曜日午前中に閉幕しました。
写真は、今朝の朝日新聞 朝刊から。

閉会式では、東京パラリンピックの紹介があり、障害者の現役ダンサー・モデル・
ミュージシャンが出演、クールなTOKYOを、リオ五輪に続いて再度アピール出来た様子。(^^)

今回、日本選手団は金メダルゼロに終わりましたが、選手本人というより、サポートする
環境の問題の方が大きいことや、メダルだけの価値を重視されるべき大会ではないと思います!

国を挙げて支援するお隣の中国、100を超える金メダルは本当に凄い。(・・;)
障害者スポーツ専用施設が、北京市に造られてるとか。練習会場にも事欠く日本とは、天地の差。
世界的にレベルが上がり、上位入賞が難しくなりつつあるのも事実でしょう。

日本国内では、つい最近まで一部のマスコミしか取り上げなかったぐらい、認知度は
低かった。車いすテニスの国枝 慎吾選手や、上地 結衣選手ぐらいが知られただけでは?

今回、注目度の高まった選手が多数出て来ました。
中でも、インターハイ ベスト8の経験もあるハンドボールから障害者競技として陸上に転向、
女子400mで見事銅メダルを獲得した現役の日本体育大学生・辻 沙絵選手。
生まれつき右肘から先が無いハンディを物ともせずハンドボールに打ち込み、陸上へ
転向して
僅か1年半での快挙、高い身体能力に驚きました!(・・;)

あとたった4年で状況がガラッと変わるとも思えませんが、国内でも普通に世間に認知され、
平等な扱いとなるよう、スポーツだけではなく、日常生活の中でもサポートしていきたいです。
関連記事

0 Comments

Leave a comment