Article

        

リオ五輪 体操 男子団体&柔道 男子73kg級 大野 将平選手 金メダル!

2016/ 08/ 09
                 
今朝はランを休みにして、体操 男子団体決勝・柔道 男子73kg級&女子 57kg級・
卓球 男子シングルス 4回戦・バスケットボール 女子 対ブラジル戦と、4競技を同時並行で
TV観戦でした。(^_^;)


その結果が、この写真!\(^o^)/中日スポーツ 一面&裏一面から。

体操 男子団体は、予選にミスを連発して4位に。
内村 航平選手が、兼ねてから1位通過でなければ、金メダルは無理と言っていただけに、
暗雲立ち込めたかに見えました。

決勝は、ロシアと同じグループで、先に試技をするという戦いに。
あん馬・つり輪・跳馬・鉄棒・平行棒・床という試技順は、後になるにつれて得意種目が
多い日本には、プラスに働きました。
跳馬から観戦しましたが、白井 健三選手・加藤 凌平選手・内村選手が完璧に着地を決めて
高得点をマーク、鉄棒・平行棒は加藤選手・内村選手に田中 佑介選手まで抜群の演技で、
床を前に大逆転して首位に!床は、白井選手が炸裂して16点台!!(・・;)
加藤選手・内村選手まで良い流れを作り、2位浮上のロシアや他の国の結果待ちに。
しかし、ロシアは日本を上回る試技ではなかったので、金メダルはほぼ確定した状況。
後は、結果が表示されるのを待つだけでした。
最終結果が出た瞬間、コーチを含めて歓喜の輪が!!!最高の瞬間でしたー。(^o^)

表彰式では、晴れやかな表情でメンバーが表彰台へ。
内村選手が、大事そうに金メダルを抱えたのが印象的でした。

体操の結果が出る前に、柔道では男子 73kgで大野 将平選手が金メダル!!\(^o^)/\(^o^)/
世界で最も選手層が厚い中、全て一本勝ちで勝ち上がり、決勝も見事でした。
表彰式では金メダルを掛けられてもニコリともせず、クールな表情。
世界に、日本の柔道を見せ付けたという感じでしたねー。(^.^)
関連記事
                         
                                  

コメント