avatar image

大相撲名古屋場所 横綱・日馬富士関 8度目の優勝

昨日の朝も、名古屋城周回朝ランに出掛けました。


7時前の愛知県体育館前、当日自由席券を求める人の長蛇の列が。(・・;)
15時からは、千秋楽をTV観戦しました。

今年の大相撲名古屋場所、話題満載で開幕し、最後まで優勝争いを楽しみました!(^o^)

私が観戦した時には1敗を守った大関・稀勢の里関でしたが、その後崩れて、
3敗で千秋楽へ。代わりに優勝候補に躍り出たのが、横綱・日馬富士関。
徐々に調子を上げ、気力漲る様子が、TVでも伝わりました。
結局、猛追した他の力士を振り切り、横綱戦を制して、12勝3敗で優勝!(^o^)
8回の優勝のうち3回がこの名古屋場所、縁起が良いんですねー。(^^)
稀勢の里関は、大事な星の取りこぼしが痛かった。(>_<)横綱昇進の可能性は
残してるので、秋場所こそ頑張って欲しいです!

通算1000勝が掛かった横綱・白鵬関は、海の日に生観戦した時の一番に足の指を
痛めてしまった影響が大きく、精彩を欠いて、結局10勝5敗で終了。
偉業達成は、秋場所にお預けとなりました。

3賞受賞者は、優勝争いに絡んだ力士も多く、今後が楽しみなところです。(^.^)

番外編として、幕内土俵入り前に、序二段の優勝決定戦が行われ、まだ入幕して
間も無い大学相撲出身の木崎関と池川関の対戦に。
満員の観客の中、取り組み出来るなんて、まだこのクラスでは中々出来ない経験、
早く十両以上に上がっていただきたいですねー。(^^)

満員御礼の15日間が終わり、勤務先最寄駅で毎日のように力士の皆さんを見かけたり、
櫓太鼓の音を聴きながら出勤してきただけに、何だか寂しくなります。。
関連記事
Theme: 大相撲 | Genre: スポーツ

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback