avatar image

ウィンブルドンテニス選手権 錦織 圭選手センターコート初勝利!

月曜日に開幕した、今年のウィンブルドン。

錦織 圭選手は初日から登場し、危なげなく勝利するも、クレーコートでの激闘からか、
左脇腹を痛めているとのこと、途中でメディカルタイムアウトを取って、マッサージを
受ける場面が。

翌日は軽めの練習に終始し、さて2回戦はどうなるかと思ったところに、雨天順延。
正に、恵みの雨。
そして、日本時間の昨夜の2回戦は、順延した関係もあり、ナント!センターコートでの試合。
過去2回のセンターコートの試合は、格上相手との対戦によるものでしたが、今回は世界ランク
6位の錦織選手の試合として組まれたもの。
NHKの地上波放送は、試合終了直後にOAがスタートし、 時間の関係で冒頭しか観てませんが、
ロイヤルボックスには豪華な面々が揃って観戦。凄いなぁとしか言いようがありません。(・・;)

2回戦の相手は、34歳のフランスのベネトー選手。
怪我の為、ランキングを落としたとはいえ、2014年は25位だっただけに、油断大敵です。
第1セットは相手の流れだったところもありましたが、第2セット以降は危なげなく、
3-1で勝利!(^o^)これが、センターコート初勝利になるんだとか。
やはり、全てのテニス選手にとっては特別な場所、錦織選手も早く決勝をこのコートで戦って欲しい!
そして、昨夜の3回戦、またまた雨で順延になったそうで、連戦回避となりました。

センターコートといえば、フェデラー選手の2回戦の相手が、世界ランク772位で地元・イギリスの
無名選手に決まった時は、大きな話題となりました。
そのウィリス選手はアマチュア選手のコーチを務め、昨年の獲得賞金はたったの292ドル。
プロ選手を諦めかけたところに、新しい恋人の言葉に奮起し、ウィンブルドンの予選会に招待されて
6試合を勝ち上がり、1回戦では世界ランク54位のリトアニアのベランキス選手にストレート勝ち・
フェデラー選手と対戦するまさかの組み合わせ、しかもセンターコートでの戦い!(・・;)

2回戦 第1セットは1ゲームも取れなかったものの、第2セットで初めて1ゲームを獲得した時には、
スタンディングオベーションでが起こり、ウィリス選手への大喝采が鳴り止まなかったとか。
流石にストレート負けとなりましたが、まさにシンデレラボーイ!
国民投票後のゴタゴタや、サッカー EURO2016 イングランド ベスト16敗退と良い話題が無かった中、
イギリスの久々の明るい話題でした。(^^)
関連記事
Theme: テニス | Genre: スポーツ

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback