Article

        

ライブ9題・その3-セントラル愛知 6月定期@三井住友海上しらかわホール

2016/ 06/ 11
                 
梅雨入りして数日経ちましが、最近は空梅雨なんて言葉を滅多に聞かなくなりました。
寧ろ、ゲリラ豪雨という言葉を頻繁に聞くようになりました。今年の梅雨は、どうでしょうか。。


さて、昨日はセントラル愛知の6月定期に、前半のみ行ってきました。
実は後半は、別な演奏会に行ったんです。(^_^;)

今回は、某新年会でお会いした団員のFl奏者・磯貝 俊幸氏直々に、今日の定期で
モーツァルトのFl協奏曲の2番を演奏される予定を伺っており、楽しみに聴きに来ましたが、
本当に素晴らしい演奏でした!(^o^)リリックな音色、シンプルで飾らないながらも、
正確無比なテクニック。あんな風に、モーツァルトが演奏でしたら。。(・・;)
終演後、ご挨拶出来きなかったのが心残りです。(>_<)
指揮の、レオシュ・スワロフスキー氏の伴奏指揮にも脱帽。伴奏オケの緩急のある躍動した演奏、流石です。

冒頭は、スークの作品。作曲家が幸せの絶頂期だっただけあり、終始ご機嫌な曲調。
メインのドボ7、やはり聴きたかった。(>_<)


当日のプログラムとセッティング表。
関連記事
                         
                                  

コメント