2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.06.02 (Thu)

5月のライブ10題・その10-モーリス・ブルク×若尾 圭介 CDリリース記念ジョイントリサイタル@宗次ホール

6月に入り、仕事は落ち着いていますが、1月末から来てもらっていた派遣社員の方が、
先月で契約終了となってしまい、昨日から新しい派遣社員の方に、また一から教え直し。。(>_<)
社内の人員配置、どうにかならないかなと溜息が出ます。(ーー;)

さて、先月最後に行った演奏会について。


火曜日は、宗次ホールでObの神様と呼ばれるフランスの奏者 モーリス・ブルク&長らく
アメリカのボストン交響楽団でご活躍されてきた若尾 圭介氏とのジョイントリサイタルを
聴いてきました。4月に聴きに来たピアニストの北村 朋幹さんのリサイタル時に、この日の
チラシを見つけてチケットを購入したんでした。で、今回は7月に来日予定のフランスの
Sax奏者 ジェローム・ララン氏のリサイタルのチケットを購入。11月の須川 展也先生は、
来週末から発売のようです。(^.^)


日本ツアー初日とのことでしたが、ソロありトリオありと盛り沢山の内容。
特に、ブルグ氏のサン=サーンスのソナタにもうウットリでした!(^^)
歩けば、背中を丸めたご老人の風貌が、演奏し出すと、何とも若々しい。(・・;)

若尾氏の演奏、ソロでは初めて聴きましたが、品のある温かい音色が印象的。
ブルク氏との共演が嬉しくてたまらない様子がMCでも感じられましたが、ブルク氏の
アンコールの演奏は、座席で聴かれていましたね。

広瀬 悦子氏のピアノ、ようやく初めて聴けましたが、次は是非ソロリサイタルを聴かねばと。
東フィル Vla奏者の須田 翔子氏の音も非常に素晴らしく、聴き応えありました。(^.^)

Flに作品が多いパリ在住の作曲家・上林 裕子氏の作品を、初めて聴けたのも収穫でした。
どこか合唱的な雰囲気かあるなと思ったら、調べたところ京都市芸大で広瀬 量平氏に
師事されたと判って納得した次第。

Obの神様を聴くチャンスが、また訪れると良いのですが。

同じ日時で、ドルチェ楽器 名古屋店では名フィルのOb奏者の寺島 陽介氏&竹生 桃氏の
ジョイントリサイタルがあり、こちらも聴きたかったのですが、まさかのバッティングとは
非常に残念でした。。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

23:10  |  MUSIC  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://souplesse.blog17.fc2.com/tb.php/5703-e7a8c462

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |