イングランドサッカー プレミアリーグ レスター・シティ初優勝

プレミアリーグの強豪チームと言えば、マンチェスター・シティ、マンチェスター・
ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、リバプールがベスト5でしょう。
がしかし、今季は残り2戦を残して、創立133年目にしてレスター・シティが
初優勝を果たしました!(^^)しかも、優勝争いを繰り広げたのはベスト5の
チームではなく、トッテナム・ホットスパーという、これまた中堅チーム。

我々日本人は、岡崎 慎司選手が今季から加入しなければ、全くノーマークだった筈。
何と言っても、昨季はプレミアリーグに昇格したものの、降格スレスレだったチーム。
優勝オッズは、ナント5000倍!(・・;)それだけ、世紀の大番狂わせだったかと。

レスターは人口33万人の地方都市、4分の1がインド系住民で、多様な文化が
共生した街とのこと。チームオーナーが、タイの実業家というのは驚きでしたが、
街の人々は抵抗どころか、強くなるなら大歓迎とのこと。
ラグビー プレミアシップのレスター・タイガースは、創立136年目と変わらない
歴史を持ちながら、優勝10回の強豪チームなんだとか。
サッカーファンは、尚更歯がゆい思いでしょう。

レスターは、先日の日曜日の試合に引き分け、優勝はお預けとなりましたが、
現地時間月曜日の試合で、トッテナムがチェルシーに引き分けた為、レスターの優勝決定!\(^o^)/
バーディ選手自宅に主要選手が集まり、試合終了の瞬間の歓喜の様子が、動画で瞬く間に
世界中に配信されました。現地時間の水曜日には、ラニエリ監督&選手が集まり、
祝勝ランチ会が開催されている様子を、今朝のワイドショーでもOAしていました。

岡崎選手は、マインツ時代は二桁得点がありましたが、今季は5得点。
チャンスに決め切れず、フリーにも関わらずパスが貰えなかったりしたらしいですが、
守備が出来るしフィジカルが強いので、プレミアリーグには合ってる気がします。

来季はチャンピオンズリーグに出場出来るし、奇跡を本物として維持出来るよう、
今後も注目したいです!(^o^)
関連記事

0 Comments

Leave a comment