ライブ7題・その6-河村 飛鳥&中山 順次ジョイントコンサート@クララザールじゅうろくホール音楽堂

昨日からGWがスタートしましたが、私はカレンダー通りになります。
明日は、午前中のみ仕事。

ぎふ清流ハーフマラソンまであと半月ですが、昨日は珍しく大会前に岐阜市へ。
通行止めの案内幕を見て、いよいよだなと感じました。


オーナーの高齢を理由に2014年秋に一度は閉館したクララザールが、十六銀行関係の
十六地域振興財団により昨年秋に名称を変えて
再オープン。音響は抜群だけに、嬉しいニュースでした。(^o^)
そして昨日、Sax奏者・中山 順次さんご出演の演奏会を聴きに、久々にクララザールへ。
東京音楽大学 ピアノ演奏家コース出身の若手ピアニスト・河村 飛鳥さんとのジョイント
コンサートでした。昨年秋には、河村さんの伴奏で中山さんのリサイタルやサロンコンサートが
名古屋市内で開催されましたが、都合で伺えなかったので、本当に久々でした。


前半は河村さんのソロで、ハイドンのロ短調ソナタ・ショパンのバラード1番・リストの
巡礼の年 第2集 イタリア ダンテを読んでと、横綱級のプログラム!
素晴らしい演奏に、もう圧倒されました。(・・;)
後半、中山さんの無伴奏ソロでデュボワのフランス組曲から始まり、一度は閉館した
このホールのオマージュ的作品と続き、
最後には中山さんの師匠に当たるゲストのSax奏者・小串 俊寿先生とのデュオ、そして
中山さんの兄弟子でSax奏者・小森 伸二さんのご登場に会場内は大いに盛り上がりました!(^o^)
クララザール、やはり良い響き。(^^)復活して、本当に良かった♪写真は、それぞれ終演後に。


こちらが、昨日のプログラム。
関連記事

0 Comments

Leave a comment