avatar image

東京五輪2020エンブレム決定

一度は決定した東京五輪のエンブレム、ご存知の顛末で撤回された後、一般公募で再募集され、
1万点を超えた応募作品から最終4案が最終候補として公表されました。
広く意見が公募され、国内外約4万人から約11万件もの意見が寄せられたとのこと。

そして、昨年秋に組織されたエンブレム委員会の昨日の最終投票で、組市松模様の
A案に決定とのデザイナーは、私と同じ学年の野老 朝雄(ところ あさお)氏。
東京造形大学 デザイン学科建築専攻で卒業後、ロンドンのAAスクールに留学した経験も。
現在は、母校だけでなく桑山ファッション研究所や武蔵野美術大学 非常勤講師等を
務められているとのこと。
個人的には、野老氏のお名前もデザインを見るのも初めて でしたが、昨夜某SNSにて
ご本人のページを発見、過去5年間ぐらいの
作品を見て、感嘆しました。
緻密に計算された作品の数々、素晴らしいです。
きっと野老氏をご存知な方は、A案の作者をお判りだったことでしょう。
五輪の5色を使わないエンブレム、滅多に無いんじゃないかと思われます。

実は、愛知県にも関わりがある作品が!
2005年の愛知万博では、トヨタ自動車のパビリオンをデザイン。
そして、このブログでもご紹介した、名古屋で今もっとも話題のスポット。

再掲載になりますが、大名古屋ビルヂングの2〜4Fのファザードガラスは野老氏のデザイン
ということが、昨日ニュースにも上がっていました。
モダンでシックな外観が気に入っていましたが、改めて観に行く楽しみが増えたかも?(^.^)
関連記事
Theme: アート | Genre: 学問・文化・芸術

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback