avatar image

ライブ9題・その1-国枝 雅代サクソフォンリサイタル@電気文化会館 ザ・コンサートホール

3月に入ってバタバタと仕事してますが、既に3つも演奏会に行ってしまいました。(^_^;)
明日は、名フィルの市民会館 名曲シリーズにも行ってきます♪


先ずは、水曜日に行ってきたSax奏者・国枝 雅代さんのリサイタルへ。
名古屋を代表するSax奏者の皆様や、音大生が多数聴きに来場して、終演後の
ロビーは非常に賑やかでした。


このブログでも国枝さんご出演の演奏会は何度かご紹介してきましたが、名古屋音楽大学卒業後、
フランスのリヨン地方音楽院でジャン・ドニ・ミシャ氏に師事したという経歴が非常に
活きたプログラム。特に、ミシャ氏作曲の作品は、留学中だった国枝さんともう1人の
日本人学生に献呈されたとのこと。仕事が長引き、
前半を聴き逃したのは本当に残念でした。

後半は、やはりクリスチャン・ロバのエチュード第14番「マサラ」。
A・SaxとBass・Cla奏者 村上 安奈さんとの演奏での珍しいデュオ作品だけに、中々ない
貴重な機会でした。村上さんは、名古屋音楽大学卒業後、ベルギーのアントワープ音楽院で
ヤン・ギュンス氏に師事されていた本格派のバスクラ奏者だけに、聴き応えありました。
最後の作品のシェーヌ氏は、フランスの作曲家で91歳の大ベテラン!
シャガールの絵画をモチーフにした作品、実際のファンタジックな作品を見てみたいものですが。アンコールは、イベールの小品。

次は何を聴かせて貰えるのか?、と楽しみにしている次第です。(^^)
関連記事
Theme: ライヴレポ・感想 | Genre: 音楽

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback