ボストン美術館 ヴェネツィア展 魅惑の都市の500年@名古屋ボストン美術館

週末は、気温急上昇でしたが、今日は一転冬の空気に逆戻りです。(>_<)
寒暖差、気を付けなきゃ!


一昨日の土曜日になりますが、朝の名古屋城周回朝ラン後、帰宅して急ぎ準備し、
17時から治療院に行く前に、金山の名古屋ボストン美術館へ。
午後はすっかり雨模様、午前中はギリギリセーフでした!

アメリカのボストン美術館の所蔵作品から、イタリアの人工都市・ヴェネツィアの歴史や、
影響を受けた外国人作家の作品が展示されていました。
街の形成は5世紀、キリスト教だけではなく、隣接するトルコ等の異教徒からの影響が
色濃く反映されているのに驚きました。一番の繁栄は、ナポレオンに制服されるまでの
ルネサンス期でしょうか。

多くの有名作家の絵画や、作曲家の音楽、はたまた映画にも名前が出てくるヴェネツィア、
いつか一度は行ってみたいです。


来月からは、ルノワール関連の展示予定、こちらも行かなくては。(^^)
関連記事

0 Comments

Leave a comment