avatar image

ライブ4題・その4-第17回ショパン国際ピアノコンクール 入賞者ガラ・コンサート@愛知県芸術劇場 コンサートホール

いよいよ、バンドの本番が明後日に迫ってきました!(^o^)
しかし、天気は雨予報なのが心配。(>_<)雪よりは、マシかな?


昨夜は、5年に1回開催されるショパンコンクールの入賞者ガラコンサートを、初めて聴きに
行きました。前回は、初の女性優勝者が誕生、大いに話題となりました。
今回は入賞者6名のうち、ナント5名がアジア系。しかし、日本人奏者がいないのは残念。。
ギリギリにチケットぴあで購入しましたが、ピアニスト自身をよく観察出来る席で、
同じヤマハのピアノを演奏しながら、こんなにも出てる音が違うのかと、驚かされました。


6位のシシキン氏は、ロシア人で国内の音楽院で勉強中、透明感のある涼やかな音でした。
5位から3位の3人は、いずれもダン・タイソン門下。しかも、男性2人はまだ10代!(・・;)
唯一の女性のリウ氏は、ダイナミックながらロマン溢れる音楽でした。
2位のアムラン氏は、カナダ人。温かみのある音色、ロマン派作品を是非聴いてみたい。
既に26歳ということでキャリアも十分、5月には名古屋でもリサイタルが決まっています。
そして、チョ氏は韓国人初の優勝者に。現在、パリ音楽院に留学中と知って納得しました。
15歳で浜松国際ピアノコンクールで優勝、早くから注目されていただけあります。
和声の響かせ方は特に秀逸で、濁りが全く無いのにビックリ。
そして、弱奏の音色が非常に魅力的でした。他の時代の作品の演奏を、早く聴いてみたいです。

次回のコンクール開催時には、日本の若手ピアニストの方がいらっしゃると
良いなと思いました!(^o^)
関連記事
Theme: ライヴレポ・感想 | Genre: 音楽

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback