フィギュアスケート 全日本選手権

昨日の女子サッカー続いて、フィギュアスケート 全日本選手権について。

男子シングルは、羽生 結弦選手が4連覇を達成!
しかし、疲れが見えるのは明らかで、ジャンプでの転倒も。本人、相当悔しがってましたね。
世界選手権では、新たな4回転ジャンプを跳ぶと公言、更なる進化が楽しみ。(^o^)

2位は宇野 昌磨選手、3位無良 崇人選手が表彰台へ。
但し、世界選手権の切符は2枠しか 無くなったので、残念ながら代表は上位2選手のみ。
期待した村上 大介選手、この大会では精彩を欠いたのが本当に残念でした。
ジュニアの山本 草太選手は、ショートプログラムのジャンプのミスが痛かった。
しかし、フリーでは順位を上げて、6位入賞。ジュニア世界選手権では、巻き返しに期待します!(^.^)

女子は、中学生世代が中心となり、一大旋風を巻き起こしました。
優勝は、高校生の宮原 知子選手がGPファイナルからの好調を維持して連覇達成!(^o^)
2位は、ジュニアの樋口 新葉選手が昨年3位から更にランクアップ!
秋のシーズンは怪我が元で不調になり、ジュニアGPを逃す結果からの大逆転。
3位には、ショートプログラム5位と絶不調だった浅田 真央選手が、逆転で3位に!\(^o^)/
ショートプログラム2位だった本郷 理華選手が4位に入り、宮原・浅田・本郷各選手が、
世界選手権代表に決定。村上 佳菜子選手はショートプログラムが良かっただけに、
フリーでジャンプを跳び忘れたりと順位を落としてもったいなかった。。(>_<)
そして、ベスト10にはジュニア世代6選手が占めて、完全に世代交代を感じる大会でした。
ジュニアGPファイナル3位の本田 真凛選手は10位と不調でしたが、実績を考慮しての
ジュニア世界選手権代表に!(^o^)

いやはや、見どころ満載で、今年も中々面白かったです。(^.^)
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
TVで観たスポーツ・ニュース等や、趣味の音楽・美術に関するコトを書いてます。
About me
小2の頃から母の影響で
プロ野球(巨人戦しか放映
されない田舎育ち)や高校
野球を見始め、相撲好きの
祖父の影響で大相撲を
見たのがそもそもの始まり。

オリンピック・世界選手権
等、メジャーな大会は
外せません!
ほぼ全ての競技をTVや
生で観戦しちゃいます。