avatar image

ライブ8題・その5-名古屋音楽大学 第39回オーケストラ定期演奏会@愛知県芸術劇場 コンサートホール

2015年、いよいよ残り10日となり、各地で第9を聴いたなんて話を多数聴くようになりました。

さて、駆け足で今月後半聴きに行った演奏会について。


久々に、名古屋音楽大学のオケ定期に行ってきました。
お目当は、もちろんピアニスト・田村 響氏!(^o^)
オール・ラフマニノフ プログラムで、ピアノソロはピアノ協奏曲 第2番が聴けるとなれば、
もう行くしか ないかと。(^.^)しかも、入場無料!そんな訳で、18時半開演だった為、
遅れて到着した時には、案の定大入り満席に近く、3Fを案内されましたが、運良く下手
バルコニー席でピアニストを真下に拝める席を確保しました。(^o^)
実は、ラフマニノフのピアコン2番を生で聴くのは初めて。
音源で様々なピアニストの演奏を聴いてきましたが、ロシアの大地を思わせるダイナミックに
弾きまくるというイメージがありました。しかし、田村氏の演奏は、やや遅めのテンポで美しく繊細な音が響き渡り、予想を覆されました。
彼らしいと言えば、そうなんですが。演奏後は、ブラボーの嵐。管楽器のソリストも好演でしたね。

後半の交響的舞曲も、初めて生で聴きました。1楽章のSaxソロは、大学院生・國領 さおりさんでした。
良く見える位置で聴けて、良かったです!
音源だけでは解らなかったフレーズの掛け合いや楽器の使い方、改めて驚きの連続。(・・;)
アンコールは、やはりな選曲でしたね。(^.^)
関連記事
Theme: ライヴレポ・感想 | Genre: 音楽

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback