avatar image

フィギュアスケート グランプリファイナル in バルセロナ 閉幕&バドミントン BWFワールドスーパーシリーズファイナルズ2015 in ドバイ


先週末のスポーツ界、快挙ラッシュでした!\(^o^)/
写真は、昨日のニッカンスポーツ表裏一面から。

先ずは、フィギュアスケートのグランプリファイナル。一昨日は、男子シングル フリーの
途中から TV観戦。またまた羽生 結弦選手が自己ベスト更新=世界最高得点更新を、
たった2週間のうちにあっさり!?達成してしまいました。。(・・;)
正に、異次元の境地。。年末の全日本選手権、3月の世界選手権が未だ残ってるんですが。
特に、4回転ジャンプが、フリーも出来栄え点が満点!(・・;)
パトリック・チャン選手からスタート、3位の宇野 昌磨選手&2位の地元・スペインの
ハビエル・フェルナンデス選手が立て続けに
自己ベスト更新という演技を披露する中で、羽生選手の最終滑走。
プレッシャーを感じながら、リンク中に響いたフェルナンデス選手に対するゴールに対して、
闘志が湧いてきたというのが羽生選手らしいというか、驚異的な精神力を感じずには
いられません。(・・;)
呆気なく、3連覇達成という偉業を打ち立てました。

宇野選手は、ジュニアからシニアにランクアップして、いきなりの表彰台に!\(^o^)/
村上 大介選手は、ジャンプの失敗が響き、6位でした。
4位は、フリーで盛り返したカナダのパトリック・チャン選手。
5位の中国の金 博洋選手、ようやく初めて観ましたが、未だ未だ荒削りながら高いジャンプを
飛べるし、宇野選手と同い年ということで、様々な可能性を秘めた選手だと感じました。

女子シングルは宮原 知子選手が、ショート4位から自己ベスト更新で逆転2位に!\(^o^)/\(^o^)/
優勝は、ロシアのエフゲニア・メドベジェワ選手。
昨年のジュニアチャンピオンにして、今季シニアデビューからいきなりのチャンピオンに。
とにかく、全てにおいて質が高い技術を持ってるのが、とても魅力的でした。
3位は、同じロシアのエレーナア・ラジオノワ選手、やはり女子はロシア勢強し!!
一方、浅田 真央選手はジャンプの失敗等で精彩を欠き、結局6位に。
胃腸炎と発表がありましたが、ずっと体調が悪かったんでしょうか。無理しないで欲しいです。

そして、バドミントンは全日本選手権を同時に制した若き2選手が、世界大会まで同時に制覇!\(^o^)/
これは、凄いことです。(・・;)バドミントン界からも、目が離せません!!
関連記事
Theme: フィギュアスケート | Genre: スポーツ

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback