2018-02

« 12345678910111213141516171819202122232425262728»
entry_header

ライブ11題・その8-inexplicable owl vol.2 fuzzy@メニコン ANNEX HITOMI ホール

ここ数日、バンドの広報関係の仕事で、更新が滞ってしまいました。
今月、あと4つの演奏会レビューを残してます。(^_^;)


先週木曜日、名古屋芸術大学出身の作曲家グループの演奏会に、同じくこの大学ご出身の
Sax奏者・所 克頼さんご出演とのことで、聴きに行ってきました。
グループ名は、不可解なフクロウという意味。
作曲家の多くは寝静まってから活動する印象があり、夜行性のフクロウと掛けているとのこと。
作曲という難解な作業を、不可解という言葉で表現されているようです。

開演が18時半だったので流石に間に合わず、後半からのみに。
伊藤 美由紀氏の作品は、5月の所さんのリサイタルで同じホールで初演されただけに、
再演も聴きたかったのですが。
後半冒頭、幻像という意味の原田氏のVisionは、エレクトロニクスとピアノの組み合わせ。
電子音とピアニストの山内 敦子氏の透明感のある音色が、もの凄くマッチしていました。
2曲目は平野氏自身が元々ピアニストということで、所さんとの共演。
浮遊感のある雲が、様々な表情を見せるようでした。
最後の細井氏の作品は、真っ向勝負のソナタ形式。
既に、コンクールでの受賞歴も多数あるとのこと、聴きごたえある内容でした。

最近、このような作曲家の方々の演奏会は久々でした。
また、チャンスがあれば、伺いたいと思います。
関連記事
entry_header

COMMENT

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://souplesse.blog17.fc2.com/tb.php/5544-602965e8

side menu

side_header

プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog