大相撲九州場所 横綱・日馬富士関 7回目の優勝&訃報・北の湖親方 急逝


大相撲九州場所、休場明けの横綱・白鵬関や日馬富士関らを軸に、新星の照の富士関を交えて、
どう展開していくか見ものでした。

そんな中、猫だまし戦法で横綱らしくないと白鵬関に批判続出でしたが、余裕の無さを感じたのは、
私だけではない筈。結局、昨日の千秋楽に黒星が付き、優勝を逃しました。
そして、優勝は横綱・日馬富士関に。怪我続きで、本当に久々の優勝でした。
横綱・鶴竜関は6敗と、精彩が無かったような。
他の上位陣や中堅どころも、今一つ話題になる力士がいなかったてすね。

そして、驚いた北の湖親方の急逝。ネットや新聞記事を読んで、こんなにも体調が悪かったとは
思いもしませんでした。。写真は、昨日のニッカンから。
現役時代は、強過ぎる横綱として、逆に憎まれ役になったことも。
子供心にも、好きだった故・二子山親方が大関・貴ノ花だった頃が負けるのが悔しかったですね。
近年の相撲ブーム復活に東奔西走され、未だ道半ば、無念の想いかと。ご冥福をお祈りします。
関連記事

0 Comments

Leave a comment