ライブ11題・その6-名古屋アカデミックウインズ 室内楽シリーズvol.5 アンサンブル コンサート@熱田文化小劇場



先週土曜日の続きです。夕方、名古屋芸術大学から移動し、熱田文化小劇場へ。
名古屋アカデミックウインズの、アンサンブルコンサートでした。

前半はオリジナルのアンサンブル作品に加え、ピアノ作品をアレンジしたSax三重奏や、
金管六重奏等も。Saxは三重奏ということで、テナーの佐野 功枝さんが
珍しく伴奏に徹する演奏に。個人的には、グラナドスは大好きなのです。(^.^)
いつものように仲田 守先生の軽快かつ味のあるMCを楽しみましたが、
Saxならではという故・阪口 新先生の話が飛び出したり。

後半は、伊藤 康英先生の珍しい作品や、平岡 聖さんの委嘱作品の初演も。
実は、偶然にも平岡さんの真後ろに座って聴いていました。(^_^;)
どこか吹奏楽らしさがない雰囲気が、逆に良い気がしましたね。
アンコールのアメリカ作品はグレード2とのことでしたが、いやはやきちんと
演奏しようとすれば、中々侮れないです。(・・;)
関連記事

0 Comments

Leave a comment