ライブ11題・その5-名古屋芸術大学 サクソフォーン専攻生による SAXOPHONE CONCERT@名古屋芸術大学 音楽学部 3号館ホール

そして、ようやく先週末の演奏会について。


先週土曜日の昼は、年に春秋2回の演奏会を開催している名古屋芸術大学 Sax科の演奏会へ。
5月の演奏会は結構行ってますが、秋は予定が合わず、久々だった気がします。
三日月 孝先生のリサイタルが間近に迫り、告知ポスターが手書きで貼ってありました。(^.^)


毎回恒例の、天野 正道氏「セカンド・バトル」では、三日月先生&門下4年生でのクインテット。
途中の賑やかしは、スーパーマリオのゲーム音楽でした。(^_^;)


プログラムは、前半がトリオやカルテットに三日月先生のソロ、後半がいつものように
OBOGを交えてのSaxオケ。
前半、パガニーニ・ロストが終わった瞬間には、会場内からどよめきが。(^.^)
カルテットでは、講師の櫻井 牧男先生や滝上 典彦さんが、S・Saxで生徒さんらとの演奏。
音楽的なリードはもちろんのこと、我々世代には懐かしいダニエル・ディファイエらを
彷彿させる昔ながらのフレンチスタイルでの奏法や音色を堪能出来ましたー。(^^)

Saxオケは、クラシックから歌謡曲にロックまでと、振り幅幅広い選曲。(^_^;)
毎回、大学近隣の住民の方々が熱心に来場されており、きっとリクエストなんかも
沢山出てるんでしょうね。


ここ最近の演奏会で、ホール入口手前の階段踊場に貼られている講師の先生&生徒さんらの
楽しそうな絵と写真が シリーズ化?されてますが、今回は秋らしく芋掘りの図でした。(^_^;)
関連記事

0 Comments

Leave a comment