avatar image

世界野球WBSCプレミア12 侍ジャパン3連勝&サッカーW杯 ロシア大会 アジア2次予選 対シンガポール戦

世界野球ソフトボール連盟・WBSC主催の世界野球 プレミア12が、日曜日から開幕しました。

出場国は、WBSC主催試合または認定試合で、各世代の試合U12・U15・U18・U21・トップの
試合結果をポイント化して、上位12ヶ国が出場する大会とのこと。
実は、日本がランキング1位とされているのは、こういうことなんですね!(・・;)

出場12ヶ国を2グループに分け、各グループ上位4ヶ国が決勝トーナメントに進むことになります。
日本はグループBに入り、アメリカ・ドミニカ共和国・韓国・ベネズエラ・メキシコと対戦。

日本の初戦の相手は、韓国。強力打線が脅威でしたが、大谷 翔平選手が自己最速に迫る
速球を武器に韓国を完封!(^o^)しかし、2戦目のメキシコ戦は、先発の前田 健太選手が打ち込まれ、
逆転したものの中継ぎがイマイチ、最終回には同点に追いつかれたものの、中田 翔選手が
サヨナラヒット!\(^o^)/メキシコが押し気味で、勝ってた気が全くしなかったというか。(・・;)
そして、昨夜のドミニカ共和国戦は、先発の武田 翔太投手の好投に、またまた中田選手の
打撃が冴えて、3連勝をモノにしました!\(^o^)/これでグループ首位、次戦はいよいよアメリカ戦です!

そして、昨日野球と同じ時間帯にシンガポールで開催されたサッカーW杯 アジア2次予選。
今回、召集されたメンバーは代表復活組が活躍!
特に、ボランチに入った柏木 陽介選手がポイントだったかと。(^.^)
そして、金崎 夢生選手が先制点を決めました!(^^)
後半は暑さから間延びし、シンガポールに攻め込まれる場面が増えすぎたのでは?
試合は3-0で勝利するも、快勝というには未だ遠いかなと。
シンガポールとは、ホームで引き分けという負けに等しい無残な試合をしただけに、
少しホッとしたかも。しかし、アジアの泥臭くシビアな戦い、まだまだ先は長いです。
関連記事
Theme: 野球全般 | Genre: スポーツ

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback