2018-02

« 12345678910111213141516171819202122232425262728»
entry_header

ライブ10題・その2-名フィル10月定期@愛知県芸術劇場 コンサートホール

あっという間に、10月も10日に。
今日から3連休ですが、明日は仕事・明後日はバンドの練習だったりで、遠出の予定はありません。


昨夜になりますが、名フィル定期に行ってきました。
指揮は、3年前まで長く新日フィルの音楽監督だったクリスティアン・アルミンク氏。
ウィーン生まれ、長身でスマートな雰囲気、新日フィルにいた頃から皆で王子と呼んでました。(^^)

師匠だったフランクが亡くなり、追悼曲として作曲された哀愁を帯びた雰囲気のルクーの
弦楽のためのアダージョからスタート。アルミンク氏が振り始めた瞬間から、弦セクションの
出てくる音が いつもと違ってたような。
そして、全身を使った熱い演奏だった客演のバイオリニストのアリーナ・イブラギモヴァの
ベルクのバイオリン協奏曲。ソリストが希望して、この作品に決まったと、名フィルの
公式ツイッターアカウントで知りました。6年前の2009年9月定期でも聴きましたが、
その時よりも作品のテクスチャーがより明確に聴こえた気がします。
Saxは、6年前と同様に堀江 裕介さんでした。

後半は、激アツだったブラームスの交響曲第4番。
アルミンク氏は、長身の身体を指揮台に付かんばかりにくねらせてました。。(・・;)
主旋律以外のフレーズを、口ずさみながら振ってる場面も。
特に、2楽章は叙情的にたっぷりと歌わせて!Hnセクション、エキストラメンバーが殆どでしたが、
豊かでしっかりとしたハーモニーが、より一層引き立てたような。

アルミンク氏、名フィル定期初登場でしたが、名古屋の皆様は如何だったでしょうか?(^^)
また是非、来ていただきたいです!
関連記事
entry_header

COMMENT

Please write a comment!


 管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://souplesse.blog17.fc2.com/tb.php/5502-98d888ae

side menu

side_header

プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog