ライブ10題・その1ー神田 寛明の、オーレ!スペイン@ドルチェ・アートホール Nagoya

10月に入っても、晴れたらまだまだ暑い名古屋市内です。(>_<)
とは言え、朝晩はヒンヤリするので、流石に半袖を着る人はめっきり減りました。

さて、今月来月は演奏会に行く数が、かなーり増えます。
先ずは、昨夜行ってきたNHK交響楽団 首席Fl奏者・神田 寛明氏の演奏会へ。

しかし、残業が長引き、会場到着時点で前半最後のマラン・マレの無伴奏作品を演奏
されていました。(>_<)それでも、ラロのスペイン交響曲のバイオリン・ソロを、自ら編曲しての
更なる大熱演!(^o^)心技体揃い整った、素晴らしい演奏でした!!
演奏会後に調べたら、実はほぼ同い年なんですよね。(・・;)
同世代に、こんなスーパープレーヤーがいるとは。。


今回、副題として、〜ワールドトラベル005便/〜協奏曲vol.4・それいただき!vol.1との
共同運行(フランス経由)〜という長いタイトルがあり、フランスの作曲家が書いた
スペインに関する作品も演奏されてましたが、アンコールはシャミナードのピアノ小品から、
スペインのセレナードでした。
終演後は、神田氏アレンジ作品の楽譜が販売されてましたが、マラン・マレの楽譜を買って、
サインをいただいて帰りました。(^o^)ソプラノ・サックスでトライしようと思いますが、
この作品は作曲家の指定で移調しての演奏はNGと、サインをいただいた際に教えていただきました。(・・;)

ドルチェ楽器 名古屋店オープン以来、定期企画となっている神田氏の演奏会、予定が合えば
また是非行きたいと思います。(^^)
関連記事

0 Comments

Leave a comment