avatar image

男子プロゴルフツアー 東海クラシック 最終日 6年ぶりの生観戦

週末は、カラッとした秋晴れに恵まれ、スポーツには絶好の機会でした!
昨日は、6年ぶりに三好カントリー倶楽部で開催された、東海クラシックの最終日に
えぬ夫と行ってきました。
6年前は、石川 遼選手がまだ高校生の時に、劇的な大逆転劇を魅せましたが、その後は
仕事の都合で行けずじまいだったんです。


スポンサーは、コカコーラ社から地元企業に変わっています。
なので、シンボルカラーは赤色からオレンジ色へ。
オレンジ色のウエアを着ている選手が、何人かいました。

名古屋商科大学に車を止めて、ギャラリーバスで9時前に到着、先ずは最終組近くの
メンバーが揃った練習場へ。やはり、一番人気は石川選手、人垣の数が違いましたね!(^o^)
ラウンド中は、トップ争いを演じた最後の方の組はギャラリーが一杯だったので、
避けるように他の組を観戦に回りました。


12時時点の順位、この後は激しく順位が入れ替わりました。



石川選手は、残念ながら最後まで優勝争いに絡めませんでした。
アメリカに渡ってからの初観戦でしたが、ウエアやクラブがキャロウェイに変わり、
今やグリーンがウエアのメインカラーに。練習時は、クラブを軽く振ってるように見えて、
ヒューンとしなやかにボールが飛んで行く様子にギャラリーが大いに沸きました。
何と言ってたも、石川選手の参戦で、ギャラリー数が昨年から6000人増えたらしいですから!
そして、前日トップだった選手会長の池田 勇太選手も終盤崩れ、またも優勝に手が届かず。

結局、片山 晋吾選手と金 亨成選手のプレーオフに。プレーオフ1回目は、両者譲らず。
2回目の第2打目、金選手はピン横1mに付けたのに対し、 片山選手はグリーンに乗ったものの、
ピンから5m以上も離れてしまい、勝負有り。金選手は、東海クラシック初優勝!(^o^)
去年は風邪を押しての準優勝、今年は首を痛めたものの、却って無駄な力が入らないのが
良かったとか?(^_^;)
片山選手は、ラウンド中に最後の18番ホールでピン横に付け、バーディが決まれば優勝でしたが、
何とも言えない神様の悪戯でしょうか。。

決勝に残った日本人選手は若い無名選手が多かったのですが、彼らがもっと国内ツアーを
盛り上げるぐらい、頑張って欲しいなと思います!(^.^)
関連記事
Theme: ゴルフ | Genre: スポーツ

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback