avatar image

ライブ4題・その1-名フィル 9月定期@愛知県芸術劇場 コンサートホール

9月になり、芸術の秋ということで、演奏会シーズン本番を迎えつつあります。




先週土曜日は、名フィルのマチネ公演へ。前日は会社の送別会があり、久々の振替でした。
指揮は、来シーズンから音楽監督就任が決まっている小泉 和裕氏。
昨シーズンは、定期演奏会への登場が無く、非常に残念に思っていましたが、
音楽監督就任を聞いて、狂喜乱舞!(^o^)と言うのは大袈裟?(^_^;)

前回の2013年の定期演奏会では、グラズノフ「四季」を生き生きと若々しさをも
感じさせた名演でした!
今回は副題がアート・オブ・バリエーション(変奏の技法)ということで、
プログラムはベートーヴェンのオペラの序曲の変奏に自身のモチーフを使った
交響曲、キラキラ星のメロディーを使ったピアノ&オケのドホナーニの変奏曲。
小泉氏らしいスマートさもありながら、ベートーヴェンの正統派の音楽を楽しみました。(^^)
ピアニストのアルトゥール・ピサロ氏は、タブレットを譜面台に置いての演奏。
序奏とフィナーレはかなり仰々しく、一転して変奏は可愛らしくて軽やかなギャップが
面白かったです。(^_^;)
終演後は拍手が止まず、会場中から小泉氏へ来シーズンへの大いな期待が
寄せられたことを感じさせました。
いやー、オケが更にどんな変化を経ていくんでしょうか?(^.^)


関連記事
Theme: ライヴレポ・感想 | Genre: 音楽

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback